住宅のローン返済をする|マンション売却で勝ち組になろう|価値を高める必殺技

住宅のローン返済をする

間取り図

自宅を購入する際に組んだ住宅ローンを滞納すると、一括返済を求められるようになります。もちろんそれは不可能なので、やがてその債権は金融機関から保証会社へ移ることになります。一般的に3ヶ月から半年の滞納で保証会社が代位弁済を行うか、あるいは返済の延期を申請するかの選択を迫られます。代位弁済が行われると、債券は金融機関から保証会社に移り、そこから一括返済を求められます。それが不可能となれば、自宅は差し押さえとなり競売にかけられます。周辺相場よりもかなり低い金額で処分されるので、住宅ローンも残るケースが多いものです。もちろんそれは借金となって残り、担保となる物件はなくなっても返済する必要が生じることになります。

このように住宅ローンの返済を滞納してしまうと、いずれ借金だけを残して自宅は処分されます。それを防ぐために、任意売却を行うことになります。これは自分で買い手を探すことですが、そのための専門業者を探すことが必要です。というのも、金融機関は払いきれないローンの回収コストを避けるために、保証会社に代位弁済を求めるからです。そこで、任意売却の経験を積んだ専門業者が交渉して、残りの住宅ローンの返済計画を立てることを条件に売却活動を行えるようにします。このように、ローン返済を滞納した場合には、早めに専門業者を探して任意売却を行うことが必要になります。また借金が残ったとしても、負担が少ないように返済できるよう交渉もしてくれます。